東京奏楽舎メンバー

落語 三笑亭夢丸

三笑亭夢丸

1964年春、三笑亭夢楽門下入門、夢八を名乗る。
1967年8月二ツ目昇進。
1978年4月真打昇進、夢丸を名乗る。
社団法人落語芸術協会理事。趣味は盆栽、魚の増殖、絵画、釣り。
落語界には多趣味、多芸の人間が多いと言われている中でも、一味違った、自身の確固たるポリシーを持ち、何に 対しても深く追求する姿勢を失わないことをモットーにしながら自分の世界を広げている。
丸々29年間続けた「ルックルックこんにちは」の番組取材だけでも日本国内はもとより海外も含め3,000ヶ所以上、 その他の番組やリポートを加えればおそらく10,000ヶ所を上回る地域を訪れ、人々との交流を深めている。
また、新しい落語の展開を求め自ら懸賞金を出し、『21世紀夢丸新江戸噺』の台本を全国から募集、2008年までに 第8回を数え、独演会にその噺しを掛けるなど、全国から大きな反響を得ている。

三笑亭夢丸ホームページ

音楽 東京奏楽舎

名田 綾子(作曲) Ayako Meida
名田 綾子

1984年兵庫生まれ。
ヤマハ・ジュニアオリジナルコンサートにて自作曲をフェスティバルホール、シンフォニーホール(大阪)、 オーチャードホール(東京)、テルアビブ・オペラハウス(イスラエル)等で演奏。 兵庫県立西宮高等学校音楽科(作曲専攻)卒業。 東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、同大学院修士課程修了。 在学中に芸大モーニングコンサートにおいて自作のオーケストラ作品が芸大フィルハーモニアにより演奏される。 これまでに東京都交響楽団のコンサートアレンジ、日本フィルハーモニートロンボーン奏者・藤原功次郎氏のリサイタル委嘱作品、 東京藝術大学トロンボーン科アンサンブル定期演奏会での委嘱作品・編曲、早稲田大学グリークラブの合唱編曲、 CD「アミューズ・クラシカル・ピアノ・セレクション」でのピアノアレンジなどをはじめ、オーケストラ、室内楽、ピアノソロ・連弾、合唱、歌曲、映像作品、絵本の音楽など様々なジャンルの作曲・編曲を手掛けている。 芸大卒業生で結成している「東京R合奏団」では作曲・編曲・ピアノを担当し、関東を中心にコンサート活動を行っている。 これまでに作曲を長谷川京子、藤原嘉文、澤内崇、林達也、小鍛冶邦隆の各氏に、ピアノを菅千種、林敦子、成瀬修、中井正子の各氏に師事。 現在はフリーの作編曲家、ピアニストとして活動する傍ら、ヤマハマスタークラス講師・JOCスタッフも務める。

桃原 健一(オーボエ 他) Kenichi Toubaru
桃原 健一

横浜生まれ。
1995年東京藝術大学卒業。
同年全日本演奏家協会推薦コンサートオーディション合格。
オーボエを斎藤勇二、似鳥健彦、小島葉子、小畑善昭、藤木聡、室内楽を海鋒正毅、中川良平の各氏に師事。
現在フリー奏者として、 オーケストラ、室内楽等、各地で活動。
また語りとの共演も行っている。
最近 はポップスバンドにも参加し、活動の幅を広げている。

大島 純(チェロ) Jun Ohshima
大島 純

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部を卒業。
これまでに松下修也、堀江泰氏、レーヌ・フラショ、花崎薫、黒川正三の各氏に師事。
2003年第14 回京都フランス音楽アカデミーに参加。
都内各地はもとより、故郷の岡山県津山市にて定期的に演奏会を行い、2003年12月・2005年10月のピアノ奏者上田晴子氏との共演では特に好評を博した。
現在フリーのチェロ奏者として、多岐にわたった演奏活動を展開している。
山猫合奏団、ヴェルデ弦楽四重奏団所属。
山猫合奏団Official_Site
山猫合奏団Official_Blog

菅野 恵子(ピアノ) Keiko Kanno
菅野 恵子

東京音楽大学付属高等学校を経て、同大学音楽学部を特待生として卒業。
在学中、第9回日本クラシック音楽コンクール大学生の部全国大会審査員特別賞(1位、2位なし)受賞。
卒業後、第12回国際ピアノデュオコンクール連弾の部入賞。
TBS 系ドラマ「オレンジデイズ」(2004年4月〜6月放送)挿入曲 ”英雄ポロネーズ” 演奏および手タレ出演。
最近では、「ガリレオ」 「SP 」など、数々のテレビドラマのサウンド・トラックのピアノ録音に参加。
多方面で演奏の場を広げている。